青物横丁 鉄道模型非同期通信

アクセスカウンタ

zoom RSS タイ国鉄 東線 Chachoengsao 分岐点へ

<<   作成日時 : 2007/09/25 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

長い休みも終わり、今日から社会復帰でした。やっぱシンドイですねぇ.... まぁ幾つかの問題点も有りましたが、眠気を吹き飛ばすほどではありません。ただボケてるだけで、現状認識ができないだけかもしれませんが...

画像

今日は、タイ国鉄の東線 Chachoengsao分岐点まで行きます。タイの時刻表をみていると、大きな線が分離するところはJunction、通常の駅は、Stationと標記されているようです。今日の路線は、カンボジア国境まで繋がる東線とパタヤ方面への路線のジャンクションであるChachoengsao分岐点までの往復です。ここまでは、約50Km程度でしょうか。この路線は、途中に新空港スワナンプーム空港へのアクセス路線が建設中です。2009年開業予定だそうですが、工事の進捗も見てみたかったので、この路線を乗ってみる事としました。
なお、こちらのHPも併せて是非御覧下さい。
タイ国鉄友の会
タイ国鉄公式HP・時刻表

画像

5両編成のDCは、始発のフォランポーン駅を定刻10時10分に出発しました。1時間20分・13バーツの少旅行のはじまりです。大きく長い構内を、くねくねと幾つものポイントを渡り進んでいきます。この列車は、終点のChachoengsao分岐点までは、タイ国鉄のHPの時刻表によると11の駅があるようです。さて、出発して間もなくカチカチと懐かしいハサミの音をさせて、車内改札がありました。2人組みです。乗客は60%程度の乗車でしょうか。比較的空いてて快適です。エアコンは有りませんが、窓を全開にできるので、風が気持ち良いです。車内に盛大に入り込んでくるエンジンも、昔よく乗った伯備線のキハ20を連想させ心地よいです。

画像

Urupong駅を過ぎると、90度東に進路を変え、東線にはいります。地図で見るとわかるのですが、ここらはデルタ線のようになっています。さて、写真は、東線と直行するBTSです。パヤタイ駅です。ここらも空港新線の高架工事は始まっています。新線は、このBTSをさらに高架で跨ぐのでしょうか。もう一本線路がありますが、あんまり使われていないような感じですが、バンスー駅へ行くための路線でしょうか。

画像

このあたりは、未だ基礎工事の真っ盛りといった所です。トロッコにエンジンを取り付けただけのモーターカーも頑張ってました。バンコクは砂地なので、湧水でしょうか、そこら中で水浸しになっていました。

画像

これは、マッカサン駅の直ぐ側のドンムアン空港への高速道路です。このマッカサン駅は広大な工場が隣接している所で、いろんな車両が無造作に置かれています。この駅は、後日再訪していますので、詳しくはその折に...

画像

アソーク駅です。ここはかなり大きな複合施設にでもなるのでしょうか。大掛かりな工事が行なわれていました。地下鉄のペッブリー駅から直ぐのところです。直に全然違う風景になるのでしょう...

画像

確かクロンタン駅を過ぎて直後だと思いますが、新線用の車庫(工場?)と思しき施設を発見しました。まぁ回りの雰囲気を見たうえでの独断ですので、当てにはなりませんが...

画像

このあたりからは、もう高架自体は完成しています。そうえいば、線路も単線になっています...たしかマッカサン駅を過ぎた頃からだったような...

画像

車内販売?です。実は、フォランポーン駅から何人かソフトドリンク等を売っていたのですが、今回はオバちゃんがバケツにビールを入れて売りに来てたので....

画像

ついChangビールを... 実は車内はこの頃は結構込んでほぼ満席状態(私のボックスもタイ人と一緒)だったのですが... どうしても飲みたかったので... 結構冷えてて美味しかったです。

画像

出発してから20分位でしょうか。この辺りはバンコク郊外で建物もまだまだ多く、乗車客も結構多いです。

画像

背景を見て頂ければお分かりの通り、新線の高架・駅舎の工事中ですので未だ新空港への分岐の前です。"Bang Thap Chang"とありますが、タイ国鉄のHPの時刻表には乗っていません。新線開業時は、ここも新駅舎ができるようです。

画像

実は、バンコクの郊外からは複線に戻ります。といっても、使われているような形跡はありません。写真に写っている線路は比較的まともですが、水につかったりボコボコだったりしている所も沢山有り、もう使われてないようです。工事用に使用していたのでしょうか...

画像

出発してから40分くらいでしょうか。飛行機が見えてきました。ちょうど新空港の北の辺りまで来たようです。そういえば、高架も南へ向かって曲がったようで、ここらには有りませんでした。

画像

これは、先程の写真から直ぐのところですが、新空港の北にあるコンテナ貨物ターミナル?への引き込み線が合流した直後のものです。今回BKKへ来る飛行機から着陸時に外を見てると、大きな貨物基地の中に線路のようなものが見えたので、本当に線路があるのかどうかを確認したかったのも、この東線に乗ってみたかった理由の一つです。残念ながらGoogleでは、この辺り一体だけ画像が荒いので良く判りませんが...

画像

引込み線が合流して直ぐの駅、Pra Chom Klao駅です。時刻表では、この駅の次が直ぐChachoengsao分岐点となっています(この間は、30分程かかるようですが)。

画像

発車して、2分もしないうちに直ぐ次の駅に到着。学校が側にあるのか、学生さんが大挙して下車しました。

画像

帰国後Googleでも見てみましたが、この間にも結構駅は有るようです。駅舎は、大体こんな感じです。

画像

この辺りは、しばらくはこのような風景が続きます。田んぼだか雑種地だかの中を突っ走ります。民家は殆どありません。このような風景の中を、列車は結構スピードを出して快走します。途中100Kmとか書かれた標識が出てたので、そのくらいは出していたのでしょう。線路状態は良好なのか、それほど揺れも無く快適です。基本的に力行がメインで、あまり惰行はしません。エンジン全開で気分も高まります!!

画像

さらに、このあたりは、3線あります。列車は一番右を走っています。まぁ運転台が右にあるので、それはよいのですが、一番左はなんのためなんでしょうか?と思っていると...

画像

その一番左の線路を貨物列車が!! 結構長大編成です。パタヤ方面の港から来たのかな...貨物専用の線路なのかな...

画像

とか思っている矢先、4,5人乗せたモーターカー?が凄いスピードで貨物列車の後を追いかけて生きました!! アレは何? う〜ん、素晴しい!!

画像

それからしばらく進むと目指すChachoengsao分岐点でしょうか、貨物の尻尾とともに、大きなホームの屋根が見えてきました。

画像

時計を見ると、5分遅れくらいですが、どうやらこの列車の目指す終点のようです。

画像

到着直後です。編成全体では、結構な乗車客があったようです。更に、貨物列車が到着しました。最後部にカブースといったらよいのでしょうか、中々格好の良い車両がついてました。

画像

もう一本別のの貨物列車にも同じ車両がついています。機関車は、GEA型のようです。こうやってみると、メータゲージの車両とはいえ、でかいですね。

画像

出口(改札口はありません)を出てみると、なんと蒸気が展示されてます。

画像

サイドビューはこんな感じ。1Cのテンダーです。

画像

駅舎はこんな具合です。トゥクトゥクやピックアップや屋台がタイらしいです。

画像

駅前広場(?)です。なかなかコザッパリしていて良い感じです。バンコク都内と違って、車はピックアップや古めのセダンがメインです。

画像

駅前の道路です。バンコクと比べると流石に交通量は少ないです。食堂は多いですが、もちろん日本食はありません。コンビニもローカル資本の店はありましたが、都内によくあるセブンイレブン等は無かったです。

画像

折り返しの時間まで、1時間程有りましたので、駅の周辺を歩いて見ました。駅から東方面へあるいていくと、踏切がありました。日本のモノと同じような感じです。

画像

踏み切りの真ん中でのショット。駅側(西向き)です。

画像

東向きです。カンボジア方面の東線は、左に分岐しています。パタヤ方面は、直進しています。日本に帰ってGoogleでチェックしてみると、この先に貨物ヤードがあるようです。事前に調べて行けば良かった....

画像

さて12時も過ぎて、お腹もすいたので、そろそろ食事を... 駅前の屋台で食べました。センミーという白い細麺を注文したのですが、なぜか幅広麺のセンヤイが出てきました... まぁスープはどうするかアレはいるかとか、いろいろ聞かれたので、良く判らなかったので適当にOKといってたからでしょうか... けど、結構美味しかったし、作ってくれた女の子が可愛かったので全然問題無しです!!

画像

食事後、帰りの切符を買ってプラットホームに出て見ると、先程の貨車にはいつの間にか機関車が連結されています。コイツは、ちょい古めのALSシリーズのようです。410.. と読めるので、最初期型のALS型のようです。製造後、30数年たつようですが、状態はよいのでしょうね。

画像

さて、帰りの列車に乗り込んで、早速撮影。運転台です。ピントが金網にあってしまい、ボケてました...ドアを閉めているせいでしょうか、ちょっと狭そうに感じます。

画像

反対の助手席(?)側です。発車ブザー?以外、特に何もありません。

画像

連結面です。ホロはありません。手摺のみです。走行中に渡りはしなかったですが、何となく危なそうです。

画像

コイツには、扇風機がありましたので助かりました。ただ、出発までの停車中に雨が有ったので、開けっ放しの窓から雨が入ってきていたようで、空いていた席はびっしょりでした....

画像

帰りは、基本的に同じような光景なので、少々はしょって... 途中の駅で発見した、セメント工場と思しき工場への引込み線。

画像

反対側は、こんな具合です。残念ながら、入れ換え機のようなロコはいませんでした。恐らくタイ国鉄のDLが入れ換えをするのでしょう。是非、見てみたいものです。ちなみに駅は、"PRENG"だったとメモには書かれていました。これも、タイ国鉄のHPには書かれていませんでした。

画像

新空港への分岐点です。行きは反対側に座っていたので写真が取れなかったので、帰りは写真をおさえる事ができました。.

画像

これから、この界隈はどんどん開発されるのでしょうが、線路沿いには、まだまだ水牛がいたりします。バンコクまでは、ここからは30〜40分くらいですが、のどかなものです。

画像

アソーク駅まで戻ってきました。このあたりのビルを見ると、バンコク都内に戻ってきたなと感じます。実は、この前の駅で10分程停車したままになっていました。車内は混んでいるし暑いし結構しんどかったです。車内アナウンスは、何も無かったです。そういえば、停車駅の案内を含めて3等車では車内アナウンスは一切無いようです。2等以上の車両は乗ってないので、よくわかりませんが...

画像

結局終点には20分程度遅れで到着しました。

画像

さぁ、ホームに到着しました。到着は2時半(定刻は2時10分)くらいでしたので、往復でざっと4時間ちょいの旅でした。結構快適な旅でした。もし、鉄関係の方で、バンコクで時間つぶしをされたい方がいらっしゃれば、お勧めの小旅行です。是非!!

画像

さて、出口をくぐって出て見ると、何やら切符売り場の前に人だかりが...

画像

TVのCMか何かの撮影のようです。洗剤でしょうか。出演者がぽっちゃり気味なので、コメディー調でしょうか。以前、ドンムアン空港でドラマのロケに出くわしましたが、出演者が全員とっても美男・美女ばかりでビックリしました。特に女優さんはムチャクチャ綺麗でした。空港内のアチコチで撮影していたので、ひょっとしたら、何かのシーンで背景の中に映っていたかもしれません... どうでも良い話ですが...

最後に。
ここまで読んで頂いた方、御付き合い頂き、大変お疲れ様でした。中々難しいですね、レポートを書くのは。なんでもかんでも詰め込みたくなるのですが、カットするのが難しいです。こういう旅行記事を書く人は凄いですね。流石です。
さて、これに懲りずに、明日はメークロン線のレポートです。ここは、結構面白かったので2回に別けて書こうかなと思います。どうか、御付き合いの程を。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイ遠征おつかれさまでした!紀行文とても楽しかったです。次回が楽しみです!!
九州男児
2007/09/26 12:30
九州男児さん、こんばんは。お読み頂き有難うございます。少々強行軍でしたが、いろいろ有って楽しかったです。また、行きたいのが本音です。
トンロー太郎
2007/09/26 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイ国鉄 東線 Chachoengsao 分岐点へ 青物横丁 鉄道模型非同期通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる