青物横丁 鉄道模型非同期通信

アクセスカウンタ

zoom RSS メークロン線 乗車記 その1

<<   作成日時 : 2007/09/26 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

なんとバンコクへ出発する前日の16日に、コリン・マクレーがヘリコプター事故で帰らぬ人になっていたとの事.... 何という事でしょうか... 御冥福を御祈り申し上げます。

画像

さて、今日はメークロン線の紹介を。ここは、元々私鉄として開業し、一部電化や国有化されたり(電化設備撤去)と結構複雑な歴史をもっています。後ほど、この路線を詳しく紹介しているHPを紹介いたしますので、興味のある方は、そちらを是非御覧下さい。ビックリするほど詳しく述べられています。
いずれにせよ、タイ在住時には起点のWongwianyai駅で撮影しただけだったので、是非乗ってみたかった路線です。この路線は、バンコク側のターミナルのWongwianyai駅〜Maha Chai駅の約31Kmの区間と川を挟んでBAN LAEM駅〜MAE KHLONG駅(約33Km)の2路線あります。
東側の路線は約1時間毎の間隔で運行されていますが、西側は1日4本往復しかありません。朝8時半の列車にのれば、西の端のMaha Chai駅まで往復できそうです。さて、どうしようか... 
ちなみに、メークロン線の時刻表はタイ国鉄のHPには有りません。路線すら記述されていません。また、路線が記述されても、時刻表が無い路線もあります。それでもその路線のレポートをされている方もいます... 凄いです。

<御覧頂きたいHP>
日本人の方のHPです。明確にレポートされてます。
2Bangkok.com というタイのHPです。鉄道だけでなく、いろんなインフラに関するニュースを掲載しています。日本に帰って改めて、メークロン線の記事を発見し、その素晴しさに愕然としました。是非、御覧下さい。特に、ページの先頭の"Maeklong railway news"の各リンクを見てください。腰が抜けそうなレポートばっかりです。これ見てから行けば良かった..

画像

さて当日ですが、案の定起きれなかったので、仕方が無いので12時の列車を使用する事としました。これでも、Maekong駅最終(15:30です)でバンコクに帰ってこられます。BTSとタクシーを乗り継いで(タクシーでぼられましたが...)Wongwianyai駅へ。ここは、少々わかり難いかもしれません。上の画像の左側、バスの後ろ辺りが駅です。

画像

駅の通り側はこんな感じです。パッと見、駅の雰囲気ではありません。

画像

駅に入ってみましょう。上の画像は、ホームから通り側を見ています。左の黒板(?)が有るところのが切符売り場です。

画像

とりあえず、終点のMaha Chai駅まで購入。10バーツです。さて、出発まで時間があるので、ちょっとぶらぶらしてみましょう。

画像

列車は、既に到着していました。オバちゃんが、山ほどの魚を下ろしていました。これをバンコクで売るのでしょうか。このページの一番上の画像は、切符売り場側からの写真です。3年前に来た時と雰囲気は変りません。ホーム上にも、屋台が一杯です。

画像

駅は1線だけです。開業当時は、更に都心側まで路線があったようです。さて、もう昼前なので、あっちこっちで料理が行なわれています。私もお腹がすいたので、ホームの上でカオマンムーという豚肉のせご飯を頂きました。今回は、指差すだけなので間違えようがありません。一緒にだしてくれたお茶も変な味がしなくて美味しく頂けました。

画像

そろそろ出発時間も近づいて来たので、乗車する事にします。もちろん先頭車。1203とありますので、NKF型のようです。車両の詳細は、このHPを御覧下さい

画像

車内は、ほぼ満席なので、とりあえずドア横のロングシートへ。この編成は、4両編成のDCは、定刻通り12:15に発車。1時間弱の旅のはじまりです。出発して、直ぐ検札。また、車内販売(?)は無かったです。暫くは、バンコクの下町ぽい雰囲気の中を走っていきます。上の画像は、5分くらい走ったところの駅です。側線が有ったので撮影。でも使われてないようです。

画像

昔は、路面電車タイプの車両も走っていた私鉄だったせいか、バンコク都内は、かなり駅が多いです。車内は立ち客もいます。しっかりと、地元の足になっているようです。

画像

ただ、出発して20分も過ぎると、こんな草地の中を走ります。正直、単調な車窓です。そのせいか、あまり撮影していません。それよりも、乗った車両の揺れが凄かったです。正直、脱線するのかと思いました。怖いくらいでした... ただ、乗車されている皆さんケロッとしているので、こんなものなのかもしれません。昨日乗ったDCと同系なので、路線状態が余程悪いのか、この車両の整備状況の問題なのか....それにしても凄かったです。

画像

交換可能駅はいくつかありました。 大体こんな具合です。意外と有効長はあります。昔は、もっと長い編成も走っていたでしょうか。

画像

途中の交換可能駅で、モータカーやトロッコを発見。例によって、アナウンスはありませんし(有ったとしてもわかりませんが)、タイ文字もわからないので、どこか判りません。手元のメモだと、道路の高架をくぐって直ぐの大きな集落の駅で12:55分頃とありますので、割と終点に近いところのようです。また、メモには保線用と思しき貨車有りと書いてあります。写真を撮り損ねていますが、別のところで同系車両と遭遇します....

画像

この駅では、こんなものも。自家用トロッコでしょうか。何やら食事道具なんかを乗せています。うらやましいです。

画像

沿線には、結構大きなお寺が幾つかありました。これは、終点間際の駅の直ぐ側にあったお寺です。タイでは、若いカップルでもデートコースとして当たり前のようにお寺に行きますので、タイ人の恋人とメークロン線で巡るお寺の旅と言うのも結構良いかもしれません...

画像

1時をすぎて、そろそろ終点のMaha Chai駅に近づいてきました。町並みも大きくなってきました。草地ばっかりの車窓に飽いてきたので、町並みを写しながらキョロキョロしていると、放置車両とすれ違いました。メモには4両とあります。1灯だったと思いますが、ヘッドライトも確認できました。割と小振りな車両でした。座席の反対側で且つ予期してなかったので、写真を撮り損ねました。駅についたら、撮影しにいこうかと思っていましたが、意外と終点に到着しません。割と距離はありそうです。

画像

到着しました。ここの駅もホームの両サイドに市場があります。というより、市場の中に駅があるといった方が適切です。

画像

早速記念撮影。右が乗ってきたDCです。先頭側です。左のDCは、これから出発するDCです。

画像

その反対側です。車両基地のようです。奥には建物もありますので、整備工場でしょうか。それにしても何とも凄いロケーションです。

画像

到着した列車は、下車が済むと、さっさと引き上げてしまいました。スタッフが窓を拭いています。今日は、これでお役ごめんでしょうか...

画像

おかげで隣の列車を撮影できました。何と、この編成には、エアコンカーが連結されてました。この扉の中に冷房ユニットがあるのでしょうか。

画像

反対サイドです。この車両には運転席はありません。全部で何両エアコンカーが有るかわかりませんが、遭遇できてラッキーです。

画像

駅の進入側からです。左の奥の方に乗ってきたDCが止まっています。それにしても凄い構造ですね。

画像

その反対側です。バンコク側です。この間には道路があります。先程の放置車両はこの先に有るはずですが、メークロン線の西線に乗るためには、川を渡る必要が有ります。あんまり、ここで時間を使うことはできません。川向こうのBan Laem駅は、13:30発です。あと15分くらいしかありません!!

画像

渡し船は、駅をでて右に行くようにHPには書いてました。駅前通りはこんな具合です。とても活気があります。

画像

Maha Chai駅はこんな感じです。とても良い配置でトゥクトゥクが止まっています。おぉ、先を急がねば!!

画像

少々迷いましたが(魚河岸の中に迷い込んだりしました)、どうもこれが船乗り場のようです。

画像

お金(3バーツ)を払って、乗船します。こんな感じの船です。バイクも一緒です。

画像

船乗り場の横の建物はシーフードレストランのようです。

画像

ターチン川というそうです。割と大きな川です。ただ向こう岸までは5分くらいの距離でしょうか。

画像

沢山の船が行きかっています。これは漁船でしょうか。日本ではあんまり見ない形状です。

画像

船内は、こんな感じです。結構混んでいます。

画像

乗船してから、間もなく出航。途中もう一隻の渡し船と交換。交互に運行しているようです。

画像

さて、対岸に到着しました。目指すBan Laem駅は、この右だそうです。急がねば!!

画像

船を下りて右に曲がると、こんな具合。Maha Chaiとは違い静かな町です。

画像

暫く歩きましたが、中々駅のような施設に出くわしません。あれぇ、まちがえたかなぁ。仕方ないのでもう少し直進して見ましたが、広場のある三叉路があるだけで駅なんかはありません。何となく、この先にそれらしい建物があるので、ひょっとして...

画像

と思っていると、フォァ〜ンとタイフォンの音が... アレレと思った矢先に目の前を2両編成のDCが...

今回はここまでです。長文・駄文に御付き合い頂き有難うございます。冒頭にご紹介した他のHPの内容とは比べ物になりませんが、明日も後編を予定しています。どうか御付き合いを。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しく拝見致しました。私は1ヶ月の半分をバンコクで過ごし、五年になります。知らない事が沢山ありますね。週末を使い、バンコクで鉄道模型を楽しんでいます。
beetech
2007/09/27 11:16
beetechさん、こんばんは。コメント有難うございます。私もバンコク在住のおり、模型を少々やっておりましたが、いろいろ苦労致しました。今後も、是非宜しく御願いします。
トンロー太郎
2007/09/27 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
メークロン線 乗車記 その1 青物横丁 鉄道模型非同期通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる