青物横丁 鉄道模型非同期通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年3回目の修行に...Part2

<<   作成日時 : 2009/09/27 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分でもつくづく思うのですが、こんなにマハチャイやバンレーン界隈をうろつく日本人も珍しいのではと... 今回は、マハチャイ駅の近所の廃車体のレポートを中心に。

画像

その前に、バンレーン駅にて。確か1編成しか無いDCですが、とてもピカピカに修繕されてました。しかも、川べりの駅舎の前に留置されています。横の寺院との並びがとても綺麗です。

画像

前回訪問時は、フロントはベコベコで全体に薄汚れていて悲惨な状態だったのですが、キチンと磨きあげられていて、とても美しい状態でした。ひょっとすると、編成丸ごと交換したのかもしれません。

画像

ちなみに、DCがいる場所には、以前モーターカーが居ましたが、現在はこの位置に。10ヶ月ぶりにきましたが、少しは動きがあるようです。

画像

さて、今度はマハチャイ側に戻って、駅の近所に鳥葬状態の廃車の見学に。歩いても良かったのですが、あまりの暑さにトゥクトゥクで移動。だらしないです。列車から確認したところ4両のDCの車体が確認できたのですが、それ以外にも何両か並んでいました。

画像

驚きだったのが、ホッパー車をともなった、この作業車。今回初めてみました。わざわざ運んできたのでしょうか。それとも、マハチャイ車両センターの奥にでもいたのでしょうか。

画像

こいつらは、マハチャイ駅側に鎮座していました。本格的に線路の保全を実施しているようですので、当線もしばらくは安泰のようです。

画像

次は、良くわからないのですが、どうも元モーターカーのキャブだけがフラットカーの上に置かれていました。何かの役にでもたつのでしょうか。

画像

その次は、真っ赤に錆付いた無蓋車。2軸だろうと思いますが、暑くてフラフラだったので近づいて撮影してません。

画像

マハチャイ駅側から最初のDC.です。バンコク方面を向いています。所謂RHN型の一派ですが、どのシリーズかは詳しく調査していないので判りません。なにせ暑かったので...

画像

次の2両目。こいつだけ、マハチャイ側を向いています。

画像

3両目は、どうも合造車のようです。日本流だとキハニでしょうか。

画像

最後の4両目。車体に絡まった草が髪の毛のようです。これらの車両は、ここいらにどの位留置されているのでしょうか。RHN型の最終モデルが製造されたのが1971年で、現在の主力のTHN型が1985年前後から稼動しているので、実際の配備が良くわかりませんが、10年以上はこの状態だろうと思われます。

画像

ほんとは、車体に近づいてもっと詳しく調べたかったのですが、あんまりにも暑いので、スゴスゴと退散。また、涼しくなったら会いにくるぜ!See you!

画像

待たせておいたトゥクトゥクに乗り込み、マハチャイ駅に戻ります。さらに、それから1時間かけてエアコン無しのDCでバンコクに戻らなければなりません。あぁ〜しんど... 
さて、次回はその他の乗り物&小ネタ編です。動画付きの予定です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年3回目の修行に...Part2 青物横丁 鉄道模型非同期通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる