青物横丁 鉄道模型非同期通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年 4回目の修行

<<   作成日時 : 2010/09/23 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

涼しいを通り越して寒くなってしまいました。個人的には、これからの展開を考えると気温が低いほうが都合が良いのですが... さて、久々の更新は、再びバンコクネタ。今回の記事は、鉄ネタで。

画像

ようやくオープンしたSuvarnabhumi Airport Rail Link。今回の滞在で無事乗車できました。これは、パヤタイ駅に停車中のCityLineと呼ばれるもの。普通電車として使われています。

画像

BTSとAirportLinkとは無事コネクトされてまして、乗り継ぎもスムースです。チケットは、未だ自動販売機で買うことが出来なく、窓口で買います。今は、キャンペーン中のようで、普通電車には15バーツで乗車できます。

画像

車内は、こんな具合。同じシーメンス製ですので、車内の雰囲気も良く似てますが、少々狭い... 軽量化の為でしょうか... パヤタイを出発すると、ひとつ駅を停車後、SRTの車両基地を横目にマッカサン駅に到着します。

画像

マッカサン駅は4線構造になっており、両端がCityLine用で真ん中の2線が特急用です。しばらく停車後、発車。途中追い抜かれることもなく、25分程で空港の地下駅に到着。中々快適です。

画像

プラットホームは地下2階になっており、それを上がると改札口にでます。改札を出ると、ムービングウォークのある通路を進み、その突き当たりから上の搭乗口方面に向かうことができます。当然といえば当然ですが、開業したばっかりですので、とても綺麗です。

画像

さて、帰りは折角なので特急を使ってみましょう。左上は改札方面を向いていますが、右側が普通電車の切符売り場で、特急はこの左側にあります。ちなみに改札も別ですのでご注意を。特急のチケットは100バーツ。当日は、時間帯が悪いのか、乗客は私を含めて4名。ちょっと寂しいです。

画像

しばらく待っていると、殆ど回送状態で到着。ホームドアがついていて全容は判りませんが、3両編成のよう。空港側の先頭車はどうもカーゴルームのようで、ホーム上からも完全に仕切られています。車内はクロスシートです。トイレもあります。車両間のドアは自動で、設備は中々ですが、シートピッチが少々狭い。まぁホンの15分程度ですので、これで十分ですが... さてガラガラの状態で出発しましたが、乗り心地はなかなかスムース。途中の写真は、ビデオばっかり撮っていたのでありませんが、160km/h の最高速は伊達ではないようで、すぐ横を走るハイウェイの車をどんどん追い抜いていきます。しばらくすると、バンコクの街並みが始り、程なくマッカサン駅へ到着。これは中々快適。

画像

特急は、マッカサンまでなので、終点のパヤタイに行くには再度普通電車に乗り換えます。特急用の改札を出ると、未だ稼動していないチェックインカウンターがずらりと並んでいます。年末には、ここでチェックインできるとの事。とりあえず、タクシーも乗り入れていて、ここから市内に行くのも、不便ではありません。近くに地下鉄の駅もありますし、SRTの駅も、未だ有ります... ただ、このマッカサン駅は何とかオープンしたような状態で、利用するにはちょっと不便な状態。このマッカサン駅一帯は再開発されるとのことですので、それらが完成する時には驚くほど便利になるのでしょう。それまで、気長に待つことにしましょう。

画像

左上の画像は、パヤタイ行きのホームより写したもの。特急は、この先に止まります。この後、普通電車に乗り換え、パヤタイ駅へ。BTSに乗り換えようと降りていると、何やら汽笛の音が。そう、ここはSRTの東線の上です。待っているとDCがぞろぞろと通過していきます。パヤタイもいつの間にやら、鉄分が濃い地帯になってしまいました。
ところで、帰国時は時間に余裕が有ったので、マッカサン駅から特急で空港に行きました。ガラガラでとても快適でした。ただ、Asokの渋滞は、何とかならないものでしょうか...

画像

今回のホテルは、スクンビットSoi16にあるColumnというホテル。公園側の部屋だったので、眺めも最高。最近できた高層階のホテルにしては珍しくバルコニーがあり、しかも頼めば開けてくれます(転落してもホテル側は知らんでという誓約書にサインをさせられます)。いらん金は取られないし、レストランは綺麗だし(朝飯はイマイチ)設備は良いし、お勧めです。是非。

画像

バンコクに来た時、行く所は大抵同じようなところなのですが、今回は久しぶりに、Rock Under Barへ。Soi12のスクンビットプラザの3Fにあるバーなのですが、ここはとても良いです。訳のわからんファランなんぞ居ませんし、落ち着いて飲めます。ぐっさん似のマスターが、とても良い人ですし、一人居るタイ人のスタッフが中々チャーミング。タイ在住のみなさん、是非。

今回の修行も無事終了し、日本でヨタ記事を書いていますが、心は既に次回の修行に... ただ、何時になるでしょうか...

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年 4回目の修行 青物横丁 鉄道模型非同期通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる