青物横丁 鉄道模型非同期通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年 3回目の修行 その2 単機回送編

<<   作成日時 : 2013/09/30 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、あんまり長い滞在では無かったので、近場でチョロチョロしただけですが、SRTのバンスーやマッカサンにも久々に訪れてみました。もちろん、トンブリーも。

画像

さて、バンスー駅。ALS型DL牽引の列車が到着。4年ぶり位にきましたが、駅の雰囲気そのものは、あんまり変わりません。

画像

広い構内を、GE型がうろうろしてましたが、フラットカーの入れ替えに勤しんでいたようです。構内には、砂利が山積みにされており、新線工事にでも使っているのでしょうか。


さて、本題ですが、先ずはALS型。こいつは、首都圏では見かける機関車です。


次は、HID型。新塗装は初めて見ました。このロコは、日立製だそうです。


トンブリー駅にて。GE型です。トンブリー駅始発の列車牽引の為、回送されて行きます。


形式は判りませんが、あちこちで見かけるC型DL.当日は、客車の組成で大忙しでした。


機関庫でのKP型。このロコが走っているのは、初めて見ました。


KP型の入庫シーン。こいつは、DD13位の全長ですが、箱型ともあいまって中々の迫力です。

画像

トンブリー機関区名物の各種蒸気は、今回は庫の中に押し込められていました。皆さん忙しそうでしたので、早々に退散。庫の端に、ALS型のボディでしょうか、ちょん切られて放置されてました。

画像

SRTのマッカサン駅にて。ここも5年振り位にきましたが、AirportLinkも開通し、結構雰囲気変わっていました。C56が2両ほど放置されていたのですが、どこにもいません。DA型が残っていましたが、1両だけ。もう1両は何処へ?

画像

この辺りには、フェンスが張り巡らされているのですが、良く見てみると支柱は細いレール。1904年製なのでしょうか。そうであれば、110年程前のものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年 3回目の修行 その2 単機回送編 青物横丁 鉄道模型非同期通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる