青物横丁 鉄道模型非同期通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017タイ修行 S1#2 バンコク出張の合間にパープルライン訪問

<<   作成日時 : 2017/02/19 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、先日のバンコク訪問の話を。今回は、2016年に開業したパープルラインのレポート。2/11(土)に訪れたのですが、噂通りガラガラ... インフラは立派ですが、現在は盲腸線のような存在。地下鉄の早期開業が望まれます。

画像

タオプーン駅にて。ちょっと暗くて判りにくいかもしれませんが、土曜の午後ということもあってか、先頭車両付近はこのJKのみ。施設は立派ですが、少々閑古鳥が鳴いています。というのも、このタオプーン駅とバンスー駅とはシャトルバスでの利用となっており、今はとても不便。タオプーン駅の2階は、地下鉄のプラットホームとなっていますので、地下鉄が開業すれば大変便利になるので、早期開業をお願いします。

画像

車内は明るくて綺麗です。ドア上の路線表示も液晶で、壁埋め込みのモニターと共に、洗練されたデザインで好感がもてます。

画像

全ての駅で、こんな具合に警備員がいて、ピーピーうるさいです。また、全ての駅で、ホームドアが設けられているので、車両の近接撮影は困難です。

画像

この写真は、終点のクロンバンファイ駅で撮影したものです。編成全体を取るには、跨線橋等からでないと難しいです。

画像

クロンバンファイ駅には、BTSのモーチットのように、車両基地が設けられています。当日は、たむろする車両もなく閑散とした雰囲気でしたが、いつの日か活況を呈する事になるのでしょう。

画像

クロンバンファイ駅に到着した電車は、一度引き上げた後、タオプーン駅行きのホームに戻ってきます。この辺りは、BTS等と同じです。

画像

タオプーン駅の全景。トラート・バンヤイ駅で下車して駅を見てみましたが、デザインは全ての駅で共通のようです。電車はガラガラでしたが、横を走っているの幹線道路は、とても混雑していました。

画像

ちなみに、車番の"1041"と書かれている右側に、"GK Industrial Design"と標記されています。この会社のデザインあんまり好きではありませんが、JR東はなんで、この会社のデザインにこだわっているのでしょうかねぇ。


それでは、動画を幾つか。タオプーン駅への電車の進入シーン。


チャオプラヤー川を渡ります。


クロンバンファイ駅への進入シーン。すみません、これ位しかネタないです。全ての駅のデザインは、島式ホームで統一されており、ホームドアも全てあり、また沿線風景もタイの住宅街だけで、特にこれといって特色ありません。

画像

他にネタはありませんので、小ネタを。帰りは、トラート・バンヤイ駅で下車して「セントラル・ウエストゲート」に行ってみました。まぁ、めっちゃ広いモールですが、日本食レストランも山ほどあります。腹減ったので、”やよい軒"でうな丼食べて帰りました。


最後に、シャトルバスの車内の動画を。これが一番面白かったです。

画像

タイ国鉄のバンスー駅にて。パープルライン線訪問後の夕方4時ごろです。やっぱり、こんな雰囲気がタイらしくて良いです。ただ、このバンスー駅も、いよいよ様変わりしそうです。次回は、タイ国鉄バンスー駅での話を。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017タイ修行 S1#2 バンコク出張の合間にパープルライン訪問 青物横丁 鉄道模型非同期通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる