青物横丁 鉄道模型非同期通信

アクセスカウンタ

zoom RSS オリ 12-100mm f4 を試す。三ノ輪界隈にて。

<<   作成日時 : 2017/03/21 03:48  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も、暖かい良い天気で撮影日和ですが、遠出はせず近場でオリのmk2と12-100の試運転。今日は、手持ち動画もいろいろとチャレンジ。

画像

これは王寺駅でのショットです。テレ端での撮影。換算200mmですが、中々の切れ具合。車両は、今や新エースとなった、8900形。レモンイエローが、とても鮮やかです。

画像

今や古参となった、7000形。旧塗装がお似合いですが、余命幾ばくも無いようです。王寺駅にて。

画像

これも新世代の主力、8800形。個人的には、この丸みを帯びたデザインが、とても好きです。熊野前にて。

画像

ここからは、三ノ輪駅でのショット。今日は、荒川遊園地へ出かける人が多かったせいでしょうか、大変な賑わい。増発したためか、三ノ輪では、こんな2両並びのショットも。一見、8900形の2両編成風にも見えますが、勿論単行。


その出発シーン。新型車両らしく、インバーター音が響き渡ります。


こんどは、7000形の出発シーン。釣りかけ特有の低音のモーター音も勇ましく、やっぱり路面電車は、こうでなくてはいけません。


ここからは、歩いての撮影。流石はオリンパの最新機種のコンビ。自慢するだけはあります。電子スタビ付きの動画には及びませんが、中々の補正ではないでしょうか。動画撮影は、全て4Kで電子手振れ補正の設定です。ちょっと、画角が狭くなりますが、クロップしている訳ではないようで、広角もそれなりに使えます。電子補正を解除すると、基本的に換算焦点距離で撮影できます。


もう一つ手持ち歩行での撮影の動画を。歩き方を工夫すれば、もう少し画面の揺れを抑えることができるかもしれません。それよりも驚きなのが、コンニャク現象が全然でない事。広角側ということもあるかもしれませんが、今までだと、ベロンベロンの絵になりがちなのですが、それが全然なし!やっぱりセンサーからの読み込みの高速化が効いているのでしょう。これは、感動ものです!

画像

E-M1mk2と12-100は、とても良いと思います。換算200mmではありますが望遠も使えますし、当然広角も。動画も4K@30fpsではありますが、バリバリの手振れ補正で手持ちでの歩き動画も全然OK。この画像のように、滑らかな前後のボケで、立体感あるショットも撮れて正に万能ではありますが、少々欠点もあります。
何故か、AFCモードでの静止画で、ピントが合わない事が多いです。勿論、AFSでは問題ありませんが... 普通の写真ならAFSを使えということでしょうか。ここら辺りは、ファームウェアの改善で何とか改良して欲しいところではあります。

画像

勿論、三ノ輪に行く前はヒガジュウで写真を撮っていました。これは、6096レ。ダイヤ改正でヒガジュウ通過が12:50頃に変わってしまい、少々待ち時間が増えて困ってます。こんな撮影だとAFCが有効で、特にロックオンも結構強力に動作します。本当は、置きピンで一発で仕留めればよいのでしょうが...

画像

もう一丁、同じような写真を。これは、3086レ。休日のせいか、寂しい積載状態です。ただ、この撮影をした後、思わぬ珍客の乱入!

画像

TRAIN SUITE 四季島が、3086レ通過後、まさかの登場!同業者もいましたが、皆さん撤収作業中で、皆一同呆然としておりました... 私も後追いを撮るのが精一杯。線路際にいるときは、集中力を欠かさぬようにしなければなりません。ただ、このシキシマ、夜のニュースで知ったのですが、日光あたりで故障で立ち往生になったとの事。試運転中で事無きを得ましたが、今後も十分な走り込みが必要の様です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリ 12-100mm f4 を試す。三ノ輪界隈にて。 青物横丁 鉄道模型非同期通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる