2017タイ修行 S3#2 ランパーン駅にDA500型機関車を訪ねて

9月の5,6日の二日間は、タイの北部のランパーンへDA500や割と有名な鉄橋で撮影をするため、タイの北部ランパーンに出かけました。中々こちらの思惑通りに事は進みませんでしたが、動くDA500の撮影も達成でき、楽しく飲むもこともできたので、結果には満足でした。

画像

さて、ランパーンに到着後、駅に昼頃に駅に来てみると、いきなりDA500の540号機が客車を一両従え留置されていました。客車のデッキ部分には小さな足場(プラットホーム?)があり、客扱いをする事は何となく分かりましたが、何処行きの列車になるのかまでは、僧都出来ませんでした。ちなみに、客車のサボは、バンコク-ランパーンと記されていましたが、この時はジョークだと思ってました。

画像

この写真は、機関区側からのショット。このランパーン駅には、ターンテーブルもあるのですが、警備のオジサンが撮影はダメだと言うので、泣く泣く諦めました。

画像

駅前には、C56が保存されています。手入れが良さそうで、状態は非常に良いです。ちなみに、夜は派手目のライトアップがなされます。

画像

その後、ターチョンプー駅界隈の、その名もずばり"白い橋"に移動し、撮影をすることにしました。ただ、遅れか運休かわかりませんが、待てど暮らせど何も来ません。

画像

ここは、結構有名な場所らしく結婚用の写真を撮影しているカップルも来ておりました。

画像

その後、見る見るうちに掻き曇り、雨期らしい土砂降りに... 4時半に通過のバンコク行き52列車をターチョンプー駅前で車の中で見送り、仕方がないのでランパーンに戻ることにしました。


直ぐにホテルに行っても仕方がないので、駅に行ってみました。すると、540号機のエンジンがかかっていて、機関士も座っております。540号機が何故客車を1両ぶら下げているのかも、今回初めて判りました。動画にまとめてみましたので、是非ご覧ください。
日本でいえば、構内の入れ替えとは言えDD50が現役で稼働しているようなもので、動いているシーンが撮影出来て良かったです。ここランパーン以外にも、他に3か所程で現役という情報もありますので、是非見に行きたいものです。
その後、ホテルにチェックインして晩飯を食べに出かけましたが、その辺りの話は別途。

画像

ランパーンへの移動は、ノックエアにて。期待はQ400。ノックエアらしく鳥のカラーリングが、Q400には良く似合っています。

画像

久々にタイでレンタカーを借りました。AVISでトヨタのヤリス1.2です。1.2Lエンジンではありますが、Sモードにすると高回転を維持してくれて、ボディもそれなりに軽いので、思ったより活発に走ってくれます。個人的には、とても気に入りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント