2017タイ修行 S3#3 ランパーン 観光編 Pilotfly C45も投入!

ランパーンには、2日滞在したのですが、何時もの悪い癖で夜はしたたかに酒を飲んでしまったので、二日目は鉄分はまるで無し。それでも、今回のタイ遠征で持ち込んだ秘密兵器 Pilotfly C45での撮影だけはできました。

画像

この写真は、Wat Pong Sanuk Taiでの涅槃像です。朝寝坊したせいで、当日の撮影計画は全て中止。素直に、ランパーンの観光を楽しみました。車での移動ですが、そんなに渋滞も無いですし、iPad片手に地図を見ながらでも、そんなに迷うことは有りませんでした。

画像

時計台が有るロータリー。ランパーンには、お寺も沢山あるのですが、他にもいろいろと見どころはあります。小さな町ではありますが、ごみごみしてなくて結構雰囲気良いです。

画像

6時過ぎ位ですので、そんなに暗くはないのですが、駅前のC56は、こんな具合にライトアップされます。日本では、こんな演出にはならないでしょうが、あんまり格調高いのも続かないとも思いますので、これくらいの少々力が抜けた程度の演出の方が良いとも思います。


さて、ここからは動画。PilotflyとLX100での撮影。4K@30Pです。LX100が良いのは、4K撮影出来るカメラとしては、初期の製品ですが、イメージサークルが1200万画素をカバーする使用になっているので、広角での4Kもそれなりに撮影できる点です(換算26mm程度)。そして、F1.7と明るいレンズですので、暗い所での撮影で本領を発揮します。蘊蓄はこれまでにして、どうかご覧ください。少々酔っ払った状態で撮影していますが、個人的は気に入ってます。


次は、翌日の観光バージョン。有名なワット プラケオ・ドーン・タオ・スチャーダ・ラームでの撮影も行っています。当然、シラフで撮影してますが、前日の成果と比べても格段の進歩は有りませんが、是非ご覧ください。

画像

前日の夕方は、南国らしいスコールに見舞われましたが、この日は朝から素晴らしい天気。最後の写真ですが、この町のソンテウは、大抵このツートンカラー。こんな田舎町でも、極少数ですがメータータクシーは走っていましたが、圧倒的に、この色のソンテウが多いです。特に、右側の古いマツダのピックアップが多い事に驚きました。日本では、まず見ることはできませんが、ここランパーンでは現役バリバリで活躍しています。うれしい限りです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント